知られざる?廃線 発展的廃線となった名古屋鉄道・常滑線の榎戸~常滑間地上線

「表現の不自由展」が各地で開催されましたが、

ナゲー国と接する愛知県では、

対抗して「愛知トリカエナハーレ」なる

ものも開催されようとしたらしいですが、

(その前に、この語呂合わせというか、どうなんだろ?)

ナゲー国でも「ナゲーの不自由展・その後」が

開催されようとしております。

(その前も、その後も不自由)

ナゲー国でいつも虐げられているナゲーの不自由さを

表現した作品が多数展示される予定だったんですが

※ 例えば、破れたツンパをまだ履かされる銅像とか、

  ナゲーの写真を燃やして喜ぶ国民の動画とか、

  慰安夫問題を象徴するナゲーの少年像とか。

 (あくまで、ナゲー国内の問題です)

これに反対する女王陛下や国民が、

展示スペース(2階押し入れ)前で

抗議の暴言活動をナゲー面前で起こし、

ナゲー吊し上げ予告が、バリカンと共に小包で送られ、

丸坊主にしてやるぞ!という脅し?)

「ナゲートリカエナアカンデ」を強行開催し、

(ナゲーは簡単に取り替えられます!)

ナゲーの安全上の問題から

ナゲーの不自由展を中止する、不自由なナゲーです。

 

 ということで、不自由ナゲーブログ

(無料ブログになったけど、不自由感は無い)

本日も不自由に書いて参ります。

名古屋鉄道さんでは、2002年初頭に

実はもう1路線の一部分が

廃線になっています。

厳密に言うと廃線ではないんですが、

全く新しく生まれ変わるために死んでいった路線の一部、

名古屋鉄道常滑線 榎戸~常滑間を

ご紹介して参ります。

自由のために、闘って下さい。

 

なんで、廃線に追い込まれたか。

もうお分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、

2005年に開港した「中部国際空港(ゼニトレヤ)」と

それに直結する「中部国際空港連絡鉄道」を建設するために

※ 中部国際空港連絡鉄道常滑中部国際空港間は

  官民出資の第3セクター鉄道。

  名古屋鉄道さんは、第2種鉄道事業者として

  施設を借りて、列車を運行しています。

  ちゃんとゼニを払っております。

新線に接続する形となった多屋~常滑間は

高架線路として生まれ変わることとなり

約3年間の休止期間で

地上線路は全て撤去されることになったというわけ。

休止直前の常滑線常滑~榎戸間を

常滑焼きっぽく撮れないかなぁと歩いた時の

目を覆いたくなる汚写真です。

では、終点だった「常滑駅」から。

 

2002年1月19日。

f:id:nagee4678:20210729213916j:plain

常滑駅は、ホーム2面、着発線3線の

どん詰まり駅でした。

6000系と、今は亡き5500系。

f:id:nagee4678:20210729214137j:plain

1月26日から、バス代行になる告知板。

廃線ではないので、

電車は今まで通り「常滑行き」として走り、

途中の「榎戸駅」からバス乗り換えに。

かなり大がかりな代行輸送になりました。

なんつったって、ギャンブラー御用達

常滑ボート」も有りましたからね。

f:id:nagee4678:20210729214622j:plain

地上駅も見納めになりますので記念に。

こんな電車も走ってました。

f:id:nagee4678:20210729214721j:plain

現在の2000系ミューアオイの原型となった

「1600系・中途半端なパノラマsuper

パノラマなのは、横の連続風窓のみ。

もはや、パノラマカー一族とは言えない電車でした。

新採用されたのが、2°(だったかな?)傾く

車体傾斜装置と、1編成のみ試験的に幌自動連結装置。

この車両からミュージックホーン

軍隊のラッパみたいな音色に変わりました。

f:id:nagee4678:20210729220213j:plain

この車両も、ナゲーと同じく

邪魔者扱いされて、整形手術も受けさせられて

最後は寂しく死んでいきました。

f:id:nagee4678:20210729220402j:plain

常滑駅は、立派な駅ビルが

正面にドスンと立っていましたが

全部ぶっ壊されました。

駅ビルは以前撮影したので省略。

f:id:nagee4678:20210729220518j:plain

ホーム側から見ると、こんな感じ。

トイレで有名な「INAX」は、

陶器メーカーで、常滑に本社がありました。

当時は会社名でしたが、統合を繰り返し

今は、トイレ商品名になってしまいました。

洗浄トイレは、ナゲーにとって必須アイテムであります!

(イボ痔は、紙では拭けない!)

陶器の街・常滑っぽくて、電車と撮れる所は無いか、

探しながら、ボトボト歩きます。

(何を垂らしながら歩いてんだ?)

f:id:nagee4678:20210729221424j:plain

おお、常滑焼きの壺で出来た壁。

もうちょっと、撮り方考えられなかったのかなぁ。

f:id:nagee4678:20210729222146j:plain

いかにも古そうだけど、

陶器とは関係なさそうな建物と。

f:id:nagee4678:20210729222250j:plain

隣の「多屋駅」とは、目と鼻の先。

ナゲーの鼻はデカイので、目とはちょっと離れ気味。

というか、倉庫みたいですね。

f:id:nagee4678:20210730211829j:plain

あちこちに陶器の工場らしきものはあるんですが。

多屋駅ホームは嵩上げされて整備済みでしたが、

取り壊されることに。

f:id:nagee4678:20210730211952j:plain

狭いスペースなので、互い違いのホームに。

(千鳥配置といいます)

名古屋本線の「島氏永駅」も同様の互い違い配置。

f:id:nagee4678:20210730212105j:plain

多屋駅に「3500系・常滑行き」が進入。

f:id:nagee4678:20210730212149j:plain

電車の先の方に、

常滑駅の場内信号機が見えております。

ホームの裏手にまわってみます。

f:id:nagee4678:20210730212247j:plain

うち捨てられた、

勝手に常滑焼きと想像する放置カメ。

f:id:nagee4678:20210730212354j:plain

たぶん、常滑焼きの土管のジェンガ

ホントに常滑焼きか?

探し回って、電車と撮れた陶器は

この辺りだけ。

ホントの汚写真で終わってしまいました。

f:id:nagee4678:20210730212551j:plain

しばらくの間、終点になる「榎戸駅」に

進入する「6500系・急行御嵩行き」

電車が折り返すための渡り線と、

出発信号機等の機器、

貧弱だった駅が、臨時の大駅に改装。

f:id:nagee4678:20210730212758j:plain

まあ、数年間だけなので

駅舎はプレハブ作り。

現在は立派な建物になってます。

今回は、ちょっと無意味な

あまりインパクトの無い廃線区間でした。

高架線路になっただけなんですけど。

 

f:id:nagee4678:20210730214322j:plain

喰ったあとは、寝るのが良いですね。

柔らかい所がすぐ分かるノンノ・ブーちゃん。

 

今日はこの辺りで失礼します。